2016-07-29

Remake this one.


某匠系のテレビ番組の影響か「家に昔からあったこの材料を今度の家に使って欲しい」という依頼も少なからず。

建主家族さんたちの想い出が詰まった材料たち。
どうやって新しい空間に息吹いてもらおうかしら。

楽しみながら考えさせて頂きますね^^

2016-07-21

BBQ@MyHome


先週末は、我が家の屋上に友人家族たちが集まってBBQ&花火鑑賞を。
期せずして、新築祝いのハンモックまで頂いてしまい・・・

気心の知れた仲間たち。
気づけば、付き合いも長くなったなぁ・・・と、しみじみ。
奥さん同士も仲良くしてくれているので、有り難い関係(^^)

奮発して買ったBBQグリルも使いやすくて、良い感じ。
チビずも味をしめた様子なので、しばらくは自宅BBQが増えそう(笑)

建てる際にお世話になった大工さんや電気屋さん、職人さんたちにも来て頂かないとな♪

2016-07-15

LANCIA MUSA


泣く泣く引き取ってもらったClioRS
その代車の代車は・・・

まさかのLANCIA。
MUSAという名のコンパクトミニバン。
5ナンバーサイズながら、大人5人で乗ってもゆったりな室内空間を持ったクルマです。

全く予想外なランチアな代車・・・なかなか粋な心遣いをして頂けました(笑)

D.F.Nという半自動のシフトに慣れは必要ですが、以前アルファロメオのセレスピードを所有していたことがあるので、身体が乗り方を覚えていました。
なるべく半クラッチ状態にならないように、アクセル踏んでいくのがコツ。
セレスピードに比べるとシフトチェンジは遅めですが(^^;

外観は、よっぽどクルマに興味のある人でなければ気づかない佇まい。
それでいて全体的なバランスは気品があって、すごく良い感じ。

内装も本革を奢れていたりと高級感溢れて素敵。
ClioRSとは真逆のキャラクターで、ゆったり余裕を持った運転が似合う一台。

ゼータがまだ手がかかりそうとのことで、もう暫くはこのMUSAが相棒。
大事に乗らせて頂きます^^

・・・それにしても、乗ったことのあるランチアが、ゼータとムーザな自分。
どちらも日本国内に何台あるんだか?
おそらく大多数なデルタやイプシロンを経験したことがないという。。。(苦笑)


Special thanks to CARBOX & Nkun.

2016-07-13

ROOFTOP GREENING


自宅を設計する際に注力したのが「緑化」

在来工法で建てる木造住宅で、どこまで緑化を実現出来るかをテーマにしました。
結果、屋上はもちろん、リビングから繋がるバルコニーも高麗芝による緑化を。

ですので、空から見た我が家は、ほとんど緑か土です(笑)

木造だと緑化は難しい?と思って二の足を踏まれる方も多いかと思います。
緑化仕様にするための各ディテールや構造等々を考慮すれば充分可能です。
補助金の活用も条件によっては適用出来ますので、ぜひご相談くださいませ。

・・・ちなみに
バスケットゴール周りは工事で余ってダメになった芝を業者さんから分けてもらい、自分で施工。
植栽のプロが施工したバルコニーとの違いは歴然(苦笑)


<緑化施工協力>
株式会社 プラネット

2016-07-11

Goodbye ClioRS.


別れは突然に・・・

オルタネーターの調子が悪かった代車のClioRS。
とうとう完全に発電しないようになり、スターター使ってギリギリ始動出来る状態に。

代車とはいえ4ヶ月近く手元にあり、操縦性が自分の好みにドンピシャだったこともあって、情が移ってしまった一台。
積載車でドナドナされていく姿は直視出来なかった。。。

車検が12月までなので、オルタ交換して走れるようにするかは未定とのこと。
すごく良いクルマなんだよなぁ・・・どなたか引き取って面倒見れる余裕のある方が居ることを望むばかり。

そして代車の代車は。
心憎い気遣いをしてくれたNくんに感謝(^_^;) 次回に続く。


Special thanks to CARBOX & Nkun.

2016-07-09

Escape from reality.


日々不安定な自営業。
数年前は「ヤバい、することが無い・・・どうしよう」と、思い悩む時期もありましたが(^_^;)

有り難いことに、そういうことも無くなり充実した日々を過ごさせて頂いております。

とはいえ、重なる時は重なるもので。
あれこれと山場を迎え続けると、現実逃避したくなる気持ちも正直なところ(苦笑)

非日常的なクルマが一台あると楽しいんだろな、と妄想しながら気を紛らわす今日この頃。
さ、逃げずに真っ向勝負。頑張りましょう。

2016-07-06

Electric aircraft


Siemens社の電動ユニットを搭載したEXTRA330L。
(よく見たらLXでなくLE(笑))

エンジンから電動化した曲技機。
飛行時間はまだガソリンエンジンには及ばないとは思うので、室屋選手のようなエアショーで長距離移動をするには向かないと思うけれど。

部品点数の少なさや、燃料ポンプのメンテナンス等々のランニングコストを考えたら、ローカルフライトのみの曲技練習生にはうってつけの機体かもしれませんね^^

将来的には、「陸上単電」とか多電ってライセンスも出てくるのかしら。