2016-01-18

TOKYO AUTO SALON 2016 エトセトラ


急に思いたち、東京へ。

まず最初に向かった先は幕張メッセ。
開催されているTOKYO AUTO SALON 2016のFALKENブースにて、室屋選手の愛機EDGE V3の実寸模型が飾られているとの情報を聞き、居てもたっても居られず向かったの巻。

会場の広さと人の多さに翻弄されながら、たどりついたブースに鎮座していたV3。
プロポーションも質感も、忠実に再現していました^^
自身で撮られた実機の写真と見比べて「お~。すげー!」と唸る友人(笑)

友人のblogはこちら → 「AirRaceのブログ

今後はFALKENさんのイベント等で見る機会が度々あるかもですね♪

#airrace #YoshiMuroya #FALKEN


目的を果たした後は、あちこちの出店ブースを冷やかして回ったり、クルマを見たり。
そこで気になったのが一つ。

旧いクルマを綺麗にレストアして展示されていた専門学校のブース。
どこもかしこもピカピカで、すごくクオリティが高い!
正直、欲しくなってしまうほど。

説明してくれた学生さんも誇らしげで、聞いていて微笑ましい。

・・・けど。けど。
「これ最終的には売るのかな?」という質問に「売りません!愛着あるので!」と即答する学生。

その気持ちは分かるんだけどなぁ。
学校の授業でしてるわけなので、ただレストアして満足させるのでなく、人工含めたコストがどれだけかかってその対価として幾らになるのかまで教えてあげて欲しいと思ってしまったのでした。
社会に出ると、技術云々もだけどそれ以上にコスト感覚が必要になるのになぁ。


と、我ながら老婆心が出てくるようになったなぁ、なんて苦笑しながら見て回ったオートサロンなのでした(^_^;)

0 件のコメント: