2015-06-24

Wooden panel


建築設計の道を歩む者として、常に建築材料への探求を続けております。

最近、気になって探していたのは木質パネルと呼ばれる木を大きな平たい板状にした物。
なかには樹脂板に木目のプリントを施した製品もありますが・・・
自分が求めるのは、当然本物の木で出来たパネル。

そこで先日、宇野さんから紹介して頂いた長良杉パネルのサンプルを取り寄せてみました。
岐阜県の長良川流域で生産された杉を、板状に挽き幅接ぎしてパネル化した製品。

白鳥林工協業組合が生産していて、杉の他に唐松と桧もラインナップされており3種類届きました。
(写真左から杉・唐松・桧)
袋から出した瞬間に、事務所内が木の香りで包まれ良い感じ。
乾燥状態も良く、そして木自体の質感高く表情も豊かで、手にしているとあれこれ妄想が膨らみます。

厚さ30mmの3×6板で1万円程度と、目が飛び出るほどの金額ではありません。
とは言っても、枚数が増えればそれなりの金額にはなってしまうわけで・・・
使う箇所を吟味すれば、かなり豊かな空間になるかと思います。

まずは自宅と、実施設計中の住宅で採用してみます。
どんな空間になるか、乞うご期待。
って、自分が一番楽しみにしてたりしますが(笑)

0 件のコメント: