2013-05-13

大空を見上げた一日


週末、『みんなで大空を見上げよう in ふくしま』のメインイベント、小名浜港でのブライトリングジェットチームのフライトを観るため福島まで行って参りました。
土曜はあいにくの空模様だったものの、日曜朝は快晴。
これは最高のエアショー日和と思っていたら・・・


あれよあれよと言う間に、直前になって海霧が立ち込みはじめ・・・。
ご覧の有様に。
フライトは順延とのアナウンスも流れ、このまま天候は回復しないと判断し、離発着が行われる福島空港まで移動を。

移動時間はクルマで約1時間半。
twitterやfacebookで情報を集めながら移動していたところ、この間に当blogでも何度か紹介させて頂いている室屋さんのフライトが、天候チェックも兼ねて実施されたとのこと。


生で観たかったし、子供たちにも見せたかったなぁ・・・残念。
それにしても低い高度でフライトされてたんですね(^^;)



しかしながら福島空港に到着して暫くしたら、室屋さんも帰還。
空港上空や駐機場で華麗な技を披露してくださいました。
間近で観れて子供達も大興奮。


結局、小名浜港上空の天候は回復せず、フルディスプレイすることは叶わず帰路へと飛び立っていったジェットチーム。
ぎりぎりまで可能性を模索して飛ぶチャンスを伺いながら、観客と気さくに写真撮影したりしていたパイロットの方々の姿がとても印象的でした。


室屋さんが上空に描いたスマイルマーク。
この瞬間、本当に多くの人が笑顔で大空を見上げていたことと思います。
震災、そして原発の影響で不自由な生活を強いられている方々に、笑顔が絶えない日常が一日でも早く戻ってくることを祈ってやみません。

そして、空を見上げることの素晴らしさを改めて感じた一日となりました。

0 件のコメント: