2011-03-31

スイッチOFFは忘れずに


一昨日、さぁ出掛けようかとビートルのキーを捻ったところ・・・
ウンともスンとも言わない。
・・・・・バッテリー上がってました(-_-;)

原因はスモールライトの消し忘れ。
そのまま丸4日乗らなかったので完全放電。
完璧な人為ミスです、はい。

苦しい時期に、予定外の出費となってしまいましたとさ。。。
(実はもう一つ予定外出費がありまして・・・その話題はまた後日)

<交換記録>
2011年3月31日 バッテリー交換

そういえばオイル交換してたものの、震災直後だったので記録しとくの忘れてました。
<交換記録>
2011年3月14日 走行距離63,152km 銘柄はDUCKさんお任せ

2011-03-29

ブレないこと



宇野友明氏の新作『翠松園の家』
焼杉板で覆われた平屋建ての家は、緑に囲まれたロケーションとも相まって、とても品のある建物でした。

どちらかといえばRC(鉄筋コンクリート)造のイメージが強い宇野さん。
しかしながら実際は木造、鉄骨造、そして組積造と、施主さんと土地に合わせて多くの工法を採られています。

毎度違う佇まいを見せる氏の建物。
でもどの建物や空間にも通じている何かがある。
その何かとは・・・と、実は師事を頂き始めてからこの約10年、答えが見つからずにおりました。

ところが今回、妻の放った一言で納得。
「宇野さんの建物には、気持ち悪い線が無い」

なるほど、それだったんだ。
「欲を出しちゃダメだよ。自分にブレてもね。」と言い放つ宇野さん。
確かにそう、今の自分には欲もあるし、ブレてもいる(苦笑)
もっと1本の線に思いを込めなきゃいけないなぁ。

人も少なかったおかげで、3人で約1時間じっくり話し込めた事は大きな収穫となりました。
欲・ブレ、いきなり全てを無くすことは出来ないけれど、自分に嘘をつかず、正直に線を描いていこうと心に誓ったのでした。


~ 追記 ~
的確なコメントを頂き、一部校正しました。

2011-03-28

1年生の守り神


ぼちぼちと、blogも再開します。
気づけばネタも豊富に貯まっているので、時系列無視で気が向いた順に。

まずは長男坊。
ピカピカの1年生も終了し、春休み。
1年生の目印だったランドセルの黄色いカバーもそのお役目終了。
見守っていてくれて有り難う。

4月からはカバーを付けた子達の手を引いて学校へ行くんだなぁ。
子の成長を噛みしめる、春なのでした。

2011-03-22

思い新たに


観測史上最大となるマグニチュード 9.0 を記録した東北地方太平洋沖地震から10日が経過しました。
日々流れてくる被災地の状況に驚き、そして原発での職員・自衛隊・消防の方々の尽力に頭が下がる思いです。

福島在住の先輩からは無事との連絡があり、関東方面の友人達からも物資支援等の心配いらずとの連絡を頂き安心しております。
が、大学時代を共にすごした友人の一人が宮城在住で現在どうしているか不明。
無事であったとしても、役所の建築指導課で働いているので今頃業務に忙殺されていると思う。
千葉工航空部OB M黒>無事を祈ってます

奇しくも卒業研究のテーマが阪神大震災だった自分。
そして現在、建築の設計に関わっている立場から、色々と考えてしまう事態でありました。

建築はどうあるべきなのか、もし近隣で同じ状況になったらどう動くのか。
そして現実問題として今後、建材調達が遅れることが予想され、動いているプロジェクトにどう対応していくのか。
(耐震資材も大臣認定の取れている物は品薄で、改修工事は今後滞る現状です。)

そして心苦しいけれど家族を抱えている身では直接被害地へ行ってボランティア活動をする事は出来ず、わずかな義援金と献血くらいしか今の自分には出来ませんでした。
一建築士として、携わっている業務に取り組むことで、わずかでも世の役にたてばと思っています。

2011-03-10

御伊勢参り


先日、日頃お世話になっている方々と伊勢神宮へ。

熱田神宮とはまた違った空気感を味わいながら、事業繁栄の御願いを。

一歩ずつ、焦らず地道に進んでいきます。

最高なCM


やっぱり欲しいなぁ、本格的な二眼レフ。

カメラネタ続き・・・と言いたいところですが。
吉瀬美智子ファンなワタクシでございます(^^;)

2011-03-07

お金以外の財産が大事


先日、ひょんな事で知り合った(元?)カメラマンの方から「よかったらカメラ見ない?」とお誘いを。
そこはもう、カメラに興味がある人には宝の山。
最近人気のolympus初代PenやCanonDEMIといったものから、ハッセルブラッド、二眼のRICOHFLEX・ローライ等々、国内外のクラシックカメラがズラリと。
レストアもされていたということで、どれもこれも程度は極上のカメラばかり。

その中で特に自分の琴線に触れたのがNikonのS2。
金属の塊のような佇まい、機械的なシャッター音、そして手の中での重量感...完全にしてやられてしまいました。
1950年代のカメラなので、当然デジカメではなくフィルム。
そしてシャッターも低速側と高速側をそれぞれダイヤルで設定(またこのダイヤルが金属製で、そのギミックに萌^^;)しなくちゃいけないなど、最新カメラの倍以上の手間がかかってしまう。
運動会や発表会の撮影には全く適さないけれど、日常の一コマを切り取ったりと、少し気持ちに余裕が欲しい時にこんなカメラがあったら、すごく幸せかもしれない。

製造されて50年以上経つS2、日本の高度経済成長を見てきたんだろうなぁ。
どんなシーンをそのレンズで覗いてきたんだろう。
「譲ってあげるから、その時まで大事にしとくよ」との事。

「まだこれから何か新しい事をしたいんだよね」と目を輝かせながら仰る、自分の父親世代よりも上のこちらの方。
iPhoneに興味津々の御様子(笑)
偶然で繋がる人との出逢いは、とても大きな財産かもしれない。

2011-03-03

A Day Made of Glass


『A Day Made of Glass... Made possible by Corning.』
特殊ガラスやセラミックを取り扱うCorning社のPV。

iPhoneやiPadで身近に使われているタッチスクリーンのガラス。
映像に出てくるのはどれもこれも突拍子の無い物ではなく、現実味のある物ばかりな気がします。

建築に携わる身として興味深かったのはキッチンやオフィスのワークテーブルと、薄いフレキシブルガラス。
携帯と連携できたり、プレゼンに活用出来たり。

こういった技術が普及するに従って、生活スタイルはもちろん仕事の仕方も変わってくるんでしょうね。
事実、iPhoneを持つ前と今とでは全く違うし。

住宅の設計に関する考え方も、どんどん変わっていくんだろうなぁ。
もちろん新しい技術ばかりが優れているとも思わないし、ガラスに囲まれた生活が良いかと問われればYESとは言えないのが本音。
アナログな物の良さも再認識している今日この頃。

デジタルとアナログ、上手く共存させていくのがこれからの建築士の腕の見せ所ですね。

2011-03-02

Apple購入...キーボードのみ(笑)


Macbookで作業をしていた妻から「テンキーが欲しい」とのリクエストが。
はいはい...とネットで物色するも、なかなかコレッ!というのが見つからない。

唯一気になったのは『LMP Bluetooth KeyPad』(Focal Point Computer)という製品。

Bluetoothで接続出来て、見た目は純正のテンキーっぽい。
しかも、純正ワイヤレスキーボードと一体化出来ちゃうwww
今度iMacを買った時に使えるし良いなぁ・・・と気持ちは傾くものの。

ネット評価はかなりイマイチ・・・造りが安っぽいとのこと。
値段的にも安くないし。
そして致命的なのは一体化してもCOMMAND+のショートカットが使えない点。

そんなこんなで結局、純正のテンキー付キーボード(有線)を購入。
MacBookに繋がってる様は、違和感無いような有るような(笑)

近い将来、iMacでも使うことになるのでベストの選択だったはず。
付属のテンキー無ワイヤレスキーボードはヤフオク行き決定。

素直にWin機を買えばこんな面倒なことしなくて良いんですけどね。
それでもせっかく使う物に、一手間を惜しみたくない性分なのです、ワタクシ。

・・・って、まだ肝心のiMacを買ってないし(^_^;)



2011-03-01

H-D1 Factory Customization


自由な世界で生きていると思っていても、所詮はカゴの中。

飛び出したければハーレーに乗るしかないってことですか。

最後の『NO CAGES』が響きますです。