2010-08-30

北海道建築行脚-4 スプウン谷のザワザワ村




旅の楽しみの一つは宿泊先。
今回の北海道旅行で3泊したうち、2泊は普通のリゾートホテルにして、最初の1泊目は少し贅沢にペンションにしました。

美瑛にある『スプウン谷のザワザワ村
ここは5棟がそれぞれ貸し切りで滞在できる、ヴィラスタイルの宿。

敷地の周りは見渡す限りの畑。
本当になーんにも無い。
水平線は見慣れているけれど、地平線ってよく考えたらそんなに地上で見たことが無いことに気づきました。
何も無い贅沢というのを考えさせられた場所。

建物もクロスや合板などが使われていない、自然素材で仕上げられた空間で心地よかった。
決して広いわけではないんだけど、住宅として考えても十分な間取りと雰囲気。

建築って本当に難しいなぁ、と実感した次第。
この建物を住宅密集地にそのまま建てても、なんか違うだろうし。
その場所それぞれに合った建物というのを提案していくことの大切さ、提案することの責任の大きさを改めて考えることが出来た気がします。

・・・と、そんな自分が思いに耽っているのをよそに、めいっぱい敷地内を走り回っていた子供たち。
彼らの心にもこの風景が残ったかな。

そして函館や小樽で食べた新鮮な海鮮やラーメンよりも、ここのテラスで食べた朝食のベーグルやメロンが一番美味しくて心に残ったのは正直なところ。

~ スプウン谷のザワザワ村 ~

 北海道美瑛町大村大久保協生  Tel 0166-92-7037

0 件のコメント: