2010-07-15

光と風を!!


住宅案件の打合せ。
ある程度煮詰まってきたので、建築士法で定められる重要事項説明も。
堅っ苦しいかもしれないけれど、これでもちゃんと登録している建築士事務所ですので(笑)

いつも自分が住宅で考えるのは「光と風を導く空間」。
今回は失礼ながら広いとは言えない敷地で、どれだけ光と風を導けるかを悩みました。

お施主さんが身近な方ということもあり、思い入れたっぷりのプランニング。
出来上がるのが楽しみ~。

0 件のコメント: