2009-05-12

現場100回


プランニングをしていて少し気になった事があったので現場へ。

たぶん自分は設計士の中でも、現場に行く回数が多いほうではないかと。
刑事じゃないけど、現場でしか分からないことが多いと思っているので。

設計士さんによってはなるべく現場には行かない、というスタンスの方もみえます。
工事が始まっても顔を出すのは週一回の定例会議だけ、とか。

もちろんそれぞれの事務所方針というものがありますので、一概にこのやり方が正しい!というのは無いと思っています。
利益を出すためにはなるべく動く量(人工数)を減らすのが良いとは分かっているんですけどね。
それでも自分は工事が始まったらほぼ毎日、現場に顔を出します。
職人さんから教えてもらえることも多いですし、何より空間が出来上がっていく過程を見るのが楽しいし。

「設計士さんって儲かる商売でしょ?」と言われることが多々あるのですが・・・こんなやり方してる自分は儲かるわけありません。。。
分かってはいるんですけどねぇ・・・だって利益追求する代わりに空間創りを妥協したくないもの。
・・・・・・経営者としては失格です、はい。(苦笑)

0 件のコメント: