2009-02-04

安らかに

2月1日 母方の祖母が永眠しました。
戦争の厳しい時代を生き抜いた、大正生まれの93歳。
昨年5月に亡くなった祖父の元へと旅立っていきました。
残された遺族は悲しいのは勿論だけれど、心穏やかに見送ることが出来たと思います。

くだらない「戦争」というもののせいで若い時代を苦しく過ごさなければならなかった祖父母の世代。
口癖のように「戦争はよくない」と言っていたのを想い出します。
今後の日本の舵取りを任された我々世代。
子供やそのまた子供たちへと続く子孫のためにも、一部の愚かな人たちが愚かな行為に走らないよう見張っていかなければ。


爺さん、婆さん、きっと今頃はあんなに痛がっていた病気もすっかり治って、二人で若い頃に戻ってるんだよね。
人のことばっかり心配してたんだから、これからは自分たちの事だけを考えて楽しく過ごしてよね。

でもたまにでいいから下の世界を見下ろしてよな。

0 件のコメント: