2008-11-18

沖縄建築行脚-1 名護市役所



沖縄の建物って言われると、代表的なのは首里城・美ら海水族館ってとこですかね。
もちろん見てきましたよ。雨の降りしきる中を・・・(苦笑)
でもせっかくなので、当blogでは一般的に紹介されないような建物を紹介させて頂こうかと。

まずは『名護市役所』(設計:象設計集団)
なぜ沖縄まで行って市役所?って思うでしょ。建築士を受験したことのある方なら「はは~ん」と思うはず。
この建物、建築士の試験勉強でよく目にする建物なんですよ。だからどうしても実際に見てみたかった、ってわけ。

近代的なガラス張りの豪華建築とは正反対の、屋上緑化や風の道を作ることで空調設備に依存することなく快適な環境を実現している建物。
最近、気になっている「土地に愛される建物づくり」の考え方を少し垣間見えた気がした見学でございました。

もう一度、真夏の暑い晴れた日に見学に行ってみよう。

0 件のコメント: