2008-10-18

上京建築行脚-2 横浜みなとみらい編


さてさて、横浜は大学生活を過ごした街。
横浜駅なんざ、目をつぶったって歩けますわ。
・・・・・・・な~んて思っていたら、さすがに離れて10年も経つと想い出すまでしばし迷子(苦笑)
目的地のみなとみらい地区に行くのに、横浜駅エリアを抜け出すのに迷ってしまった。。。

とりあえず勘を頼りに歩いて、みなとみらいエリアに到着。
ここまで来れば勘も復活♪ まずは臨港パークへ。


色々と学生時代の事を想い出して甘酸っぱい気持ちになるの巻。
当時の彼女(以外の子も・・・時効で許して(>_<))や、一人でもよく来たなぁ。
みなとみらいは建物が増えてすっかり変わったけど、ここから見える海の景色は変わってない。
しばし感傷に浸ってから、赤レンガ倉庫へ。


実は赤レンガ倉庫は初めて。(まだリノベーションされる前に来たことはあったけど)
歴史を重ねてきた建物が持つ雰囲気や重厚感に圧倒されましたね。
これを商業施設にするのが遺産的にどうこうと、竣工時に議論されていたけれど。
建築の手法は別の話として、素直に横浜市の観光への力の入れ方が分かった気がします。
豊橋には無い行政の意気込みと行動力を感じた次第。

まだ時間があったので横浜港大桟橋へ。
こんなに人がいない写真が撮れるのは早朝に来たおかげ♪


ここへは三度目くらいの来訪かな。
来るたびに「登るな」とか「裸足で歩くな」といった類の注意看板が増えていて幻滅する。
壁登って転んで怪我して訴えるのって、変じゃないかい?
設計者の意図から段々と建築物が離れていく様を見ているようで、なんだか切ない。

実はこの時点でまだ予定していた時間まで1時間ほど残ってた。
この続きは横浜番外編で。。。

0 件のコメント: