2008-08-25

氷空の花束


長男坊とポケモン映画を観てきました。
最近のアニメ映画って進化してますねぇ。
背景や登場する機械たちの映像がCGで妙にリアルな部分で、キャラクターのアニメ然とした描画とのギャップにとまどったりして。
正直、子供向けの映画でここまで造り込む必要があるのかな?と思ってみたり。
あらすじも幼稚園児には難しかったみたい。(自分のほうが内容にのめり込んでました(苦笑))
おそらくターゲット層は小学生高学年くらい?
始まった頃は幼児だったポケモン世代が少年化してきたので、映像や内容もレベルアップせざるを得ないんでしょうね。
来年は・・・・行かないかな。

ちなみに自分はタケシとグレッグルがお好み(^^)

2 件のコメント:

so-ya!パパ さんのコメント...

自分もお盆に見に行きましたよ。
CG加減がすごくて、ソウヤは映像に少し酔ってしまったみたいで、後で“気分が悪い・・・”って言ってました。

Haraken さんのコメント...

やっぱり子供には少々キツイのかもしれませんね。。。
たっぷり2時間ですし。

まだしばらくは、子供たちには自宅の小さいテレビで(笑)DVD鑑賞させることにします。