2008-06-27

殿様商売


ここ最近、日本特有のジメジメ感の影響を受けたのか、Kangoo嬢のご機嫌がすこぶる斜め。
ガソリンを満タンにした後、気温が上がるとエンジンの調子を崩すのです。
ディーラー曰く原因は「おそらく燃料タンクの形状では」とのこと。
空気抜穴の位置に問題があって、対策品がメーカーから供給されているらしい。
ですのでタンク交換で改善するのでは?と判断されました。

・・・・・・・・・・・・はて? それはリコールではないのかしらん?
我が家のKangoo嬢は来月まで保証が効くため、今回は無料。
でも8月以降に交換するとしたら有償だったわけで。
他の車でそんな症状が出てるなんて、今まで一言も言ってくれなかったのに → ディーラー様

Kangooをはじめルノー車は製品として素晴らしく、工場のメカさん達も良い人が揃っているのに、営業がちょっとねぇ・・・と常々残念に思っていました。
点検や車検の通知以外にDMすら送ってきた試しがないし。
なんだか客を選んでる気がしてならない今日この頃。(選ばれてないヒガミですけど)

自分も立場上、そう思われないように気を付けなければ。

0 件のコメント: