2008-04-11

ほっと一息

『コピ・ルアク(KOPI LUWAK)』この一言に
 1.コーヒー好きの方なら、あ~あれね?
 2.映画好きな方だと、あ~あのシーンね? とニヤリとすることでしょう。

自分、仕事を始める前に必ずコーヒーを一杯飲みます。
まず珈琲豆の入った袋を開けた時の「ふわぁ~」っていう香り、そしてミルで碾いてフタを開けた時の香り、ドリップしてる時のコポコポいう音、カップに注いだ時の湯気と香り・・・・
なんて、優雅な気分に浸っているほど余裕はありませんが(笑)
でも忙しい朝にインスタントではなく、豆を碾いて~と一手間かけることで一日のモチベーションが高まるのは確か。
ちなみにワタクシ、モカが大のお気に入りでございます。

さて、コピ・ルアク。
まず1.から。コーヒー好きなら一度は飲んでみたいと思う、幻の豆。
(詳しいことはWikipediaにお任せするとして)コーヒー果実が好物のインドネシアに生息するジャコウネコの排泄物から、消化されずに排出された豆を洗浄し、焙煎したもの。
これだけ聞くと「えぇ~?」という感じですが。
このジャコウネコくん(さん)、かなりのグルメらしく熟した美味しい果実しかお口に合わないそうで。
更に人間のエゴにより乱獲され数が減っているらしく、結果 幻の豆となったわけ。
味のほうは、「ジャコウネコ腸内の消化酵素の働きや腸内細菌による発酵によって、コーヒーに独特の香味が加わる」とのこと。

お次は2.について。映画「かもめ食堂」にて出てきたフレーズですね。
ドリップする時に碾いた粉の真ん中を指で窪ませて、「コピ・ルアク」と唱えると美味しいコーヒーになると。
映画を観た時からずっと、実践しております(単純^^;)

ぜひ、KOPI LUWAKをコピ・ルアクして飲んでみたいものですね。

(画像は公式HPより拝借)
かもめ食堂店内の雰囲気・素材感・色遣いは大好きです。
あんな感じのcafeを創りたい、という相談も随時お待ちしております(笑)

0 件のコメント: